コンテンツへスキップ

外構に意外にお金がかかります。

私は、注文住宅で家を建てました。

家を建てる際に、自分が希望している工務店さんでは基本料金が設定されていたので、オプションを付けなくても、しっかりとした標準装備で、家を建ててくれます。

なので家の中で、特に普通の設備で家を建ててもらう分にはお金はそれほどアップしません。

ですが、以外と落とし穴なのが、外構工事です。

外構工事は、安くも済ませられますし、手を加えると、どこまでもお金がかかります。

まず、考えられるのが、フェンス、門扉、門柱、カーポートなのです。

どれも、必要な物なので、購入はしますが、今はオープン外構というお家も多く、門扉は無かったりします。フェンスも、最低限必要な所以外は無くても良いかもしれません。

ですが、車を置くためのカーポートや、今は、宅配ボックス機能の付いたポストなどがあり、便利な機能を求めると、気がつくと、100万円くらい金額がアップしていました。

いろいろと悩みましたが、家を建てた後に後悔するのは嫌だったので、外構にお金をかけて、家を建ててもらう事にしました。

自分の自由になんでも大丈夫にできる空間は、マイホームの一戸建てしかありません。

庭の使い方やベランダの作り方など全てが自由です。この開放感は、マンションやアパートでは叶えられないことです。

工夫次第では無限になんでもできます。アイディアは自分次第ですが、家を楽しく改造する本などもあるので、参考にしたら良いのでは無いでしょうか。

一戸建てを購入する際には必ず資金が必要です。当然、一戸建てを購入するということは、家族ができたもしくは、できる可能性ある人達が購入することが考えられます。

これらのことは、若い時期からある程度計画を立てることも大切なことだと言えます。

銀行は、お金を貸してくれる機関ですが、返済能力の見込みがか人にはお金を貸してくれません。

そこで、若いうちからマイホームが欲しいと考えている人は、少しづつでもいいので、頭金を貯めたり、お金を作る努力が必要です。

なかなか人生は、急に変えることができないものです。しかしコツコツと努力をすれば目標は達成できます。是非目標を立てて頑張ってください。

私は、注文住宅を選んで非常に良かったと思っています。注文住宅を選んで良かった理由の一つとして、間取りなどを自由に決めることが出来たという点であるといえるでしょう。私は、その当時は、子供がいませんでしたが、注文住宅を建てる上で、子供が出来てからのことを考えて間取りを考えました。そのおかげで、子供が生まれてからもいい感じに暮らすことが出来ています。

建売住宅の場合には、最初から間取りが決められているので、その間取りに合わせて生活スタイルを変えなければいけないと思います。私は、こだわりがあって自分の部屋が欲しいと思っていました。大人になっても、自分の部屋とクローゼットが欲しいと思っていたので、これを間取りで実現することが出来たのは良かったと思っていて、今も便利に使うことが出来ています。

また、注文住宅は、自分たちの将来のことも考えて建てることが出来るのが魅力だと思います。ある程度年を取ってからのことも考えたので、今も便利に住めています。

両親と私の3人で済む家を工務店で建てて、設計にも関わりました。

結婚の予定がなく、親も諦めていたので3人で住むには大きい家でしたので、空間を広く取ってありました。

3年後に急に結婚が決まり、子供が一人。

子供部屋がなかったので、私の部屋を削り、少し建て増しをして子供の部屋を作り3世帯で住んでいます。

小さな部屋や飾りを作らなかった分、子供の部屋を作る事ができました。

数年後に父が脳梗塞で倒れ、入院とリハビリ生活を送ることになりました。

バリアフリーの作りなので室内の移動は問題なく動けます。

寝室とお風呂が2階に作ってあったことが、大変な事態になりました。

階段を上る事が危ないため、父が2階へ行くたびに誰かが付いていかなければなりません。

手摺の補強も必要になり、介護保険を使おうと思ったら、手摺を取りつける壁の強度が足りず、保険が使えずに実費で支払いました。

3世代にするなら、親の老後の移動も考えた配置が必要でした。

2階は風通しが良く、湿気が少ないのでお風呂は比較的湿気にくく、朝も簡単にシャワーを使えて便利でした。

ところが病気を持ってしまうと本人もお風呂に入りに2階まで階段を使う事が大変だし、家族もお風呂を点けに行ったり連れて行ったり、お風呂場の後片付けに行ったりと階段を往復する回数が増えました。

入浴中に足を滑らせないか、等心配なので入浴中もお風呂の前で待っています。

1階にあればテレビもあるし、部屋からお風呂の様子を見ていられたのにと後悔しています。

考えたくはないけれど、老後という二文字を頭に置いておく事が必要だと思います。

全くの同居です。

全て共有しての暮らしですが、ウチは旦那の仕事が遅いので家族全員で顔を合わせる事が少ないのがいいのかなと思います。

父が病気になってからは男性同志という事で初めの頃、慣れるまでの1週間は旦那が父のお風呂に付き添ってくれました。

毎日一緒に使うお風呂だからこそ、付き添ってもらっても違和感がありませんでした。

脳梗塞のリハビリにも家族が多いほうが誰かが話かける事が出来、休日だけでも旦那と子供が一緒にいてくれると毎日看護している母と私の少しのお休みになります。

つい完全分離の2世帯を考えたくなるかもしれませんが、ご両親と仲が良ければ個人の部屋を大きめに取って一緒の食卓、お風呂、お手洗いもお互いに体調が悪い時に助かる事もあると思います。

ちなみに我が家はドライにルールを作ってありますが、一緒に旅行に行けるほど打ち解けています。

一戸建ての住宅を購入して良かったなと感じた事は、壁紙や庭、その他家の中のどんなスペースも自分の思い通りにできるところです。

賃貸のときには、壁に何かを装飾することも(いろいろ方法はありますが)やはりためらうことが多かったのに対し、購入後は激変!自分たちで壁紙を張り替えたり、色を塗ったりと楽しんでいます。

失敗してもまた試せばいいや、と思えるのもマイホームの魅力だなと感じています。

好きな内装や外装にできるのがいいところですが、それをするには完成イメージがしっかり固まっていることが大事だと思いました。

私たち夫婦の場合には、なんとなくのゴールは一致していたように思っていましたが、細部では認識祖語が多かったため、事前にしっかりWebサイトやインテリアショップを見て、【このインテリアのどこが好きか】【どこがどうなっていたらもっといいか】などのすり合わせをしっかりしておくべきだったなと感じました。

家は一生のお買い物、という言葉を色々なところで聞くかと思います。

購入してみた私たち夫婦でよく話しているのは、その言葉が重すぎるあまり、気軽に家を購入することができない人が増えているんではないかなということです。

素敵なおうちは、もし何かあっても売ることもできますし、心配せずにマイホーム購入を検討してみてもいいと思いますよ。