コンテンツへスキップ

注文住宅でも建売より費用を安く抑えられる事も

住宅を買うなら、2つ選択肢があります。建売もしくは注文住宅です。

その2つはよく比較されるのですが、建売の方が良いと評価される事もあります。価格の問題があるからです。

もちろん住宅を買うなら、お金は払う事にはなります。しかし注文住宅は、総じて建売よりは高くなる傾向があるのです。ですから住宅に対する支出を抑えたい方々は、建売で検討している事もあります。

しかし「全て」の注文住宅で、多くの費用を払う事になる訳でもありません。それも住宅の状況次第なのです。

注文住宅は、工夫次第ではかなり費用を抑える事もできます。例えば、1,000万円台で住宅を作る事も、実際可能なのです。

注文住宅は、建材などは自由に選ぶ事はできます。その材料費の兼ね合いもあり、かえって建売より安く抑えられる事もあるのです。もちろん居住地域によっては、土地価格も安くなる傾向があります。

きちんと要点を抑えておけば、注文住宅でも格安になる訳です。まして注文住宅なら、自由度も高いですから、こだわりの住宅を建てる事もできます。それも考慮すれば、建売よりは注文住宅の方が良い一面もあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です